活動内容


野球部の歴史

旧制学習院中・高等科野球部は明治22(1889)年4月6日、現在も我が部が所属する輔仁会(ほじんかい)発足と同時に創部されており、以来120年余りの長い歴史を誇る部である。


スタッフ紹介

顧問 久岡 敏郎(外国語科教諭)  古谷 徹(国語科教諭)
松下 健二(国語科教諭)
監督 瀧澤 拓也(学校法人学習院事務職員  獨協大学硬式野球部出身)
コーチ 網干 雄樹(学習院大学3年生  学習院高等科野球部出身)
トレーナー 大野 智貴(目白整形外科内科)

年間スケジュール

スケジュール
1・2月 冬季練習
3・4月 春季大会(地区・本大会) 春合宿 遠征(随時)
5月 練習試合
6月 附属戦(※) 練習試合
7月 選手権大会東東京大会
8月 夏合宿 練習試合
9・10月 秋季大会(地区・本大会) 練習試合
11月 鳳櫻祭(文化祭)招待試合 練習試合 野球部祭り
12月 冬季練習 座禅研修(随時)

練習日

土・日
OFF 練習 練習 練習 練習 練習or試合

・15時30分〜18時30分 野球場にて練習(グランド整備後解散)
・任意で、早朝練習(7時30分〜)


部のモットー

『声姿顕心』(せいしけんしん)
声を出す姿にその人の心が顕(あらわ)れること

一、相手に立ち向かう勇気の声
一、仲間を思いやる励ましの声
一、状況に応じたサポートの声

君の声は(君の姿は)、周りに伝わっていますか?
声で心を顕す野球部員でありたいものです


グランド紹介

グランド全景写真
学習院大学硬式野球場(左翼91M・右翼93M・中堅115M)


3塁側ブルペン
1塁側ブルペン2ヶ所 3塁側ブルペン2ヶ所(屋根付き)



附属戦について

本院輔仁会運動関係各部の中等科選手と、東京高等師範学校(現 筑波大学)附属中学校との定期戦は明治、大正以来の伝統的行事で、戦後初の附属戦は昭和21(1946)年秋に行なわれた。
昭和22(1947)年、23(1948)年の学制改革により、新制中等科と新制高等科に二分され、高等科は昭和26(1951)年から、中等科は28(1953)年から総合定期戦として学校行事に組み込まれた。
昭和27(1952)年からは女子高等科と附属高等学校女子との定期戦が始まり、昭和29(1954)年には、女子中等科と附属中等学校女子との定期戦も始まった。
昭和40(1965)年から高等科は男女合同の附属戦となる。