試合結果


平成22年度

平成22年(2010年) 選手権東東京大会 第2回戦 神宮球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
立志舎 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 3 5
学習院 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2

試合詳細

投手:大塚、瀬尾/捕手:山田/三塁打:安西
2回戦は主軸打線の評判の良い立志舎高校と対戦となった。
1回表、エース大塚が相手打線を3者凡退に抑え、最高の立ち上がりを見せた。
1回裏、相手投手は2年生エース。右オーバースローで試合前ブルペンから小気味良くまとまっている印象であった。1番林がストレートに差し込まれる。ファールを打つが振り遅れている。コンパクトに振り抜くよう指示するが2者凡退。3番清水が6Eにて出塁。4番山田が四球で繋ぎ、5番は公式戦初スタメンの1年安西。期待に応えて先制のレフト前タイムリーヒット。1点を先制する。
2回表、警戒していた4番の強烈なレフトライナーはレフト吾妻が落ち着いて処理し1アウト。5番の左打者も雰囲気が良い。レフト前ヒットを打たれ1死1塁。ここから7番にもヒットを打たれ2死1.2塁のピンチを迎えるが、大塚が踏ん張り無失点。
3回表、大塚のテンポが良く、2奪三振含め3者凡退に抑える。
3回裏、相手投手のストレートに押され、1番から連続三振。3番清水がライト前ヒットを放ち、盗塁を成功させ2死2塁とするも、4番も抑えられ無得点。
4回表、この回先頭3番にレフト線ツーベースを打たれる。無死2塁から4番・5番を迎えたが、大塚が緩急をつけた投球で2者ともセカンドフライに打ち取る。しかし、2死2塁から6番にレフト前に落ちるタイムリーヒットを打たれ同点に。打ち取った当たりであったが、ショートとレフトの間に打球が落ちてしまった。
4回裏、この回先頭の5番安西が右中間へスリーベースヒット。1死後、7番瀬尾がスクイズを決めて1点勝ち越し。この際走塁妨害もあり、1死1塁。8番大塚がしっかり送りバントを決めて2死2塁とするが、9番三振にて追加点を奪えず。4回までに相手投手に9三振を奪われる。
5回表、1死からこの試合初めての四球を与え、1番にライト線へツーベースを打たれ1死2.3塁のピンチを迎える。ここでも大塚がしっかり緩急をつけて続く2・3番をセンターフライ・サードフライに打ち取り無失点で切り抜ける。
5回裏、1番からの好打順であったが、3者凡退となる。
6回表、先頭4番をショートフライに打ち取るが、続く5番にライトスタンドへホームランを打たれる。6番にも内野安打を打たれ2死2塁となるが、大塚が踏ん張り8番をセンターフライに打ち取る。
6回裏、1死から5番安西がこの日3安打目となるレフト前ヒットで出塁するが、後続が抑えられ無得点。
7回表、この回から1回戦同様に瀬尾をマウンドに送る。瀬尾は期待に応え相手打線を3者凡退に抑える。
8回表、相手の3番から始まる攻撃を瀬尾が落ち着いて3者凡退に。前打席でホームランを打っている5番もショートフライに打ち取った。
9回表、同点のまま迎えた9回表、先頭6番に四球を与えてしまい、送りバントを決められ1死2塁のピンチを迎えるが、8・9番を打ち取り同点のまま9回裏の攻撃へ。
9回裏、6番からの攻撃も3者凡退に抑えられる。相手投手はこの回に足を攣るアクシデントに見舞われたが、続投し抑え込まれた。終盤の7・8・9回はノーヒットに抑えられてしまった。
10回表、先頭の1番にセンター前ヒットを打たれ、1死2塁とされるが、3番・4番をセカンドゴロに打ち取り無失点。瀬尾の粘りの投球が光る。
10回裏、1死から1番林がセンター前ヒットで出塁。2番吾妻がしっかりと送りバントを決めて、3番清水に繋ぐ。2死2塁、サヨナラのチャンスであったが、レフトフライに打ち取られ無得点。
11回表、2死から5E、四球にて2死1.2塁のピンチとなるが、9番を三振に打ち取りこの回も無失点。
11回裏、先頭4番山田がレフト前ヒットにて出塁。無死1塁からこの日3安打の5番安西に託すが5ゴロゲッツーにてチャンスを逃す。
12回表、先頭1番に四球を与えてしまう。2番の送りバントは小フライになり1死1塁。盗塁を決められ1死2塁。3番をセカンドゴロに打ち取るが、セカンドの送球が乱れ1死1.3塁。ここで5打席抑えてきた4番に勝ち越しのレフト前ヒットを許す。続く5番にもライト線ツーベースヒットを打たれ、この回2失点目。なお続く1死2.3塁の場面、6番のサードライナーをはじき、1塁への送球が乱れる間に3塁走者が生還しこの回3失点。さらに続いた1死2.3塁のピンチは、瀬尾が意地を見せて2者連続三振を奪い凌いだ。
12回裏、3点を追う最終回、先頭の瀬尾がセンター前ヒットで出塁する。続きたいところであったが、8番三振、9番代打福本が2ゴロにて2死1塁。1番主将の林に打席が回るが6ゴロに打ち取られゲームセット。
【総括】:2試合連続の延長戦という精神的にも体力的にも厳しい戦いの中、投手2人を中心に粘り強く守り、学習院らしい試合を展開したが、後半の少ないチャンスを活かすことができなかった。しかしながら、新チーム結成から春先までは部員13人での活動、その中での春季地区予選突破、7年ぶりの本大会出場は、主将林を中心にした3年生たちの努力の賜物であり、この1年間の活動を多いに褒めてあげたい。1.2回戦ともに数あるゲームの中から、新聞などのメディアが学習院の試合を取り上げてくれたのは、この3年生7人の必死になって前向きに粘り強く戦い抜くチームカラーを出し切ったからだと言える。3年生ご苦労様。今年もたくさんの希望と感動をありがとう。


平成22年度

平成22年(2010年) 選手権東東京大会 第1回戦 府中市民球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
学習院 2 0 1 0 0 0 0 0 0 1 4
早稲田 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3

試合詳細

投手:大塚、瀬尾/捕手:山田/二塁打:林、山田、清水
1回表、1番林がレフトオーバーのツーベースで出塁。2番吾妻が送りバントを決め、1死3塁から3番清水のセカンドゴロが野選となり1点先制。4番山田もライト前ヒットで続き、2死2.3塁から6番長崎のセンター前タイムリーヒットで初回2得点。
1回裏、3番にツーベースを打たれるも後続を打ち取り、先発大塚が無難な立ち上がり。
3回表、1死から3番清水がレフト前ヒットで出塁。盗塁を決め1死2塁から4番山田がライト前タイムリーヒットを放ち1点追加。
3回裏、連続四球から相手4番にライト前ヒットを打たれ、一塁手の悪送球にて1失点。なお無死1.2塁のピンチでサード瀬尾の5-5-3ダブルプレーにより2死2塁とするが、ここから死球と内野安打、バントヒットを決められ同点とされる。
4回裏、この回先頭の左中間への大きな飛球をセンター長崎がダイビングキャッチ。3者凡退に抑える。
5回裏、1死から2つの四死球が絡み2死2.3塁のピンチとなるが、エース大塚が踏ん張り無失点で切り抜ける。
6回表、4番山田のこの日3安打目となるライト線ツーベースにて無死2塁。5番永田が内野安打で続き無死1.2塁のチャンスを作るが、後続が抑えられ無得点。
6回裏、この回からマウンドに瀬尾が登り、相手を3者凡退に抑える。
7回裏、先頭打者ライトフライをエラーにて出塁させる。無死1塁からの相手スチールを三振ゲッツーにて防ぎこの回も無失点。
8回裏、1死からセフティバントを2本決められ2死2.3塁のピンチとなるが、瀬尾が踏ん張り無失点。
9回裏、先頭打者にセンター前ヒットを打たれ、2死1.2塁のサヨナラのピンチを迎えるが、ここも瀬尾が踏ん張り無失点。延長戦へ突入する。
10回表、先頭3番清水がライトフェンス直撃のツーベースにて出塁。1死1.2塁からダブルスチールが決まり1死2.3塁。6番長崎の1塁ゴロの間に、3塁走者清水が好スタートを切りホームイン。1点を勝ち越す。
10回裏、先頭打者を四球で出塁させる。送りバントを決められ1死2塁。1番にセンター前ヒットを打たれ2塁走者が本塁を狙うもセンター長崎のストライク返球によりホームタッチアウト。2死2塁から2番にまたもセンター前ヒットを打たれるが、2塁走者は3塁ストップとなり2死1.3塁。3番に死球を与え2死満塁。一打サヨナラのピンチで4番打者を迎えるが、最後も瀬尾が踏ん張り空振り三振にてゲームセット。


平成22年度

平成22年(2010年) 附属戦 学習院G

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
学習院 2 1 2 0 1 0 0 1 0 7
筑波大付 5 0 0 2 2 0 0 3 × 12

試合詳細

投手:大塚、瀬尾/捕手:山田/三塁打:長崎/二塁打:清水、山田
1回表、2番吾妻が四球で出塁し、3番清水がレフト前ヒットを放ち1死2.3塁。ここで4番山田が先制の2点タイムリーヒット。
1回裏、4連続四死球とヒット2本にて5点を奪われ逆転を許す。
2回表、2死1.3塁から相手ワイルドピッチにて1点を返す。
3回表、1死1塁から7番瀬尾がセンター前ヒットを放ち、相手が後逸する間に自身もホームへ生還し同点とする。
4回裏、3つの四死球が絡み、ライトオーバーのツーベースにて2失点。
5回表、1死1塁から6番長崎がセンターオーバーのスリーベースを放ち1点を返す。
5回裏、2死満塁からセンター前ヒットを打たれ2失点。
8回表、1死1.3塁から途中出場の二宮がセンターへ犠牲フライを放ち1点を返す。
8回裏、1死満塁からライトオーバーのスリーベースヒットを打たれ3失点。
投手陣が乱れ、悔しい敗戦となった。


平成22年度

平成22年(2010年) 春季東京都本大会 第1回戦  駒沢球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
学習院 0 0 0 1 0 0 2 0 0 3
中大付 0 0 0 0 0 0 0 4 × 4

試合詳細

投手:大塚、瀬尾/捕手:山田/二塁打:永田/三塁打:福本、清水2
1回表、2番吾妻が2塁内野安打で出塁するも無得点。
1回裏、2番四球、4番にセンター前ヒットを打たれ2死1.2塁となるが、後続を抑える。
2回表、先頭の5番瀬尾が死球で出塁するも、送りバント失敗などにより無得点。
3回表、先頭9番福本が四球で出塁。1番林が送りバントを決めて1死2塁。2番吾妻が四球で繋ぎ1死1.2塁。3番清水はライトへの犠牲フライで2死1.3塁。この後2死満塁とするも無得点。
3回裏、2死から深く守っていたセンターの前にヒットを打たれ、2塁まで進まれる。連続四球にて2死満塁のピンチを迎えるが、エース大塚が踏ん張りサードフライにてピンチを切り抜ける。
4回表、1死から7番永田が死球で出塁。2死1塁から9番福本がライトオーバーのタイムリースリーベースを放ち1点先制。
4回裏、先頭を四球で出塁させ送りバントにて1死2塁となるも後続を抑える。
5回表、1死から3番清水が右中間へスリーベースを放つも後続が抑えられる。
7回表、1死から1番林が四球で出塁。2番吾妻が送りバントを決めて2死2塁。ここで3番清水がライトオーバーのタイムリースリーベースを放ち2点目。4番山田死球、2死1.3塁から重盗が決まり3点目。
7回裏、ここまで球数104球の大塚が9番、1番に連続ヒットを打たれ無死1.2塁。送りバントを決められ1死2.3塁。相手3番死球にて1死満塁。ここで2番手の瀬尾を投入。瀬尾はこのピンチを4番三振、5番サードフライに打ち取りピンチを切り抜ける。
8回表、1死から7番永田が左中間へツーベースを放つも後続が抑えられる。
8回裏、先頭にレフト前ヒットを許し、四球もあり2死1.2塁。ここで相手1番に右中間へタイムリースリーベースを打たれ2失点。その後2死満塁とされ、相手4番にライト線ツーベースを打たれこの回4失点。逆転を許した。
9回表、1番からの攻撃も3者凡退に抑えられ、3対4、終盤までのリードを守れず悔しい逆転負けとなった。


   

平成22年度

平成22年(2010年) 春季大会地区予選 代表決定戦 明大中野八王子高G

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
筑波大付 0 1 0 0 0         1
学習院 2 6 4 1 ×         13

試合詳細

投手:大塚/捕手:山田/二塁打:山田、清水/三塁打:永田
定期戦にて交流している筑波大付属との代表決定戦となった。
1回表、1死からショート悪送球するも、捕手山田が1塁カバーリングに走り2塁刺殺。
1回裏、1番林が四球で出塁。2番吾妻の送りバントが相手のエラーを誘い、無死1.3塁。ここから4番山田がレフト線へのタイムリーツーベースを放ち、2点を先制する。
2回表、先頭四球から相手6番に左中間を破られ1失点。
2回裏、先頭9番福本四球、2番吾妻セフティバント、3番清水四球で繋ぎ、1死満塁から4番山田がライト前タイムリーヒットを放つ。5番瀬尾もレフト前タイムリーヒットで続いた。なお2死満塁とし、7番永田が右中間を破る走者一掃のタイムリースリーベースヒットを放ち、この回6得点。
3回裏、連続四球から2番吾妻が送りバントを決めて1死2.3塁。ここで3番清水がセンターオーバーのタイムリーツーベースヒット。1死1.2塁から5番瀬尾が2打席連続のレフト前タイムリーヒット。7番永田のこの日4打点目となる犠牲フライにてこの回4得点。
4回裏、1死2.3塁から3番清水の犠牲フライにて13点目。
5回表、相手の攻撃を3者凡退に抑え、エース大塚が1失点完投勝利。
投打がかみ合い、5回コールド勝ちとなった。
7年ぶりの春季東京都本大会出場を決めた。(春の地区予選を勝ち抜いての本大会出場は初めてとなった)


平成22年度

平成22年(2010年) 春季大会地区予選 第2回戦 明大中野八王子高G

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
都東村山 0 0 0 0 0         0
学習院 0 1 0 0         10

試合詳細

投手:大城/捕手:山田/三塁打:山田
新2年生の大城が公式戦初先発。
1回表、大城の制球が定まらず、2つの四球を出したが、キャッチャーフライを山田が好捕し初先発の大城を助ける。無失点の立ち上がりとなった。
2回裏、2死から8番大城が四球で出塁。9番福本がライト前ヒットで続き、1番林が四球を選び2死満塁。ここで2番吾妻がセフティバントを決めて先制。
3回表、大城がリズムに乗り、レフト吾妻の好捕もあり、3者凡退に打ち取る。
4回表、先頭打者にツーベースを打たれ無死2塁。相手送りバント空振りの際、捕手山田が2塁へ好送球し2塁走者を補殺。ピンチを切り抜ける。
5回表、先頭打者にレフト前ヒットを打たれ2死3塁となるが、大城が踏ん張り無失点。
5回裏、先頭の3番清水が四球で出塁。ここで4番山田が右中間を破るタイムリースリーベースヒット。5番瀬尾がセンター前へタイムリーヒット。その後四球で繋ぎながら、7番永田、8番二宮、1番林がタイムリーヒットを打つ。最後は2死満塁から6番長崎がライト前ヒットを放ち、2塁走者清水が生還しこの回9点目。
初先発の大城が力投し見事完封。5回コールド勝ちとなった。


平成22年度

平成22年(2010年) 春季大会地区予選 第1回戦 明大中野八王子高G

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
松蔭 0 0 0 1 1 0 3 0   5
学習院 2 0 0 1 0 3 4   12

試合詳細

投手:大塚、瀬尾/捕手:山田/三塁打:清水、長崎/二塁打:山田
1回裏、1番林が四球で出塁、2番吾妻が送りバントを決め、3番清水のスリーベースで先制。4番山田のセカンドゴロの間に2点目。
2回表、先頭を四球で出塁許すも、相手の3盗を捕手山田が落ち着いて阻止し無失点。
3回表、この回も先頭を四球で出塁させるが、後続を抑え、エース大塚が落ち着いた立ち上がりを見せた。
4回表、先頭四球後、相手3番にツーベースを打たれ、犠牲フライにて1失点。
4回裏、1死から4番山田が内野安打で出塁。2死2塁から6番長崎のセンター前タイムリーヒットで3点目。
5回表、2死1.2塁から相手3番にレフト前タイムリーヒットを打たれる。続く2死1.2塁、相手4番センター前ヒットをセンター長崎が好返球し補殺。
6回裏、先頭4番山田の内野安打から、1死1.2塁のチャンスを作り、7番永田、8番大塚、9番福本、1番林の4連打で3得点。
7回表、無死満塁からレフト前ヒットにて2失点。続く無死1.2塁のピンチを2番手瀬尾がゲッツーに打ち取るも、2死3塁から4Eにて3失点目。
7回裏、1死から5番瀬尾が四球で出塁。6番長崎のライト線を破るスリーベースヒットにて7点目。なお2死1.3塁とし、9番福本がタイムリーヒットを放ち8点目。2死2.3塁から相手エラーの間に10点目。
8回表、先頭をエラーで出塁させるも、瀬尾が踏ん張り無失点。
8回裏、先頭の3番清水が四球で出塁後、4番山田のレフト線へのツーベースで11点目。なおも攻めたて、最後は1死満塁から途中出場二宮のレフト前ヒットにて12点目。
終盤打線がつながり、8回コールド勝ちとなった。


平成22年度

平成21年(2009年) 秋季大会地区予選 第1回戦 都立東大和高G

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
都東大和 0 0 0 3 0 0 0 1 0 4
学習院 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

試合詳細

投手:大塚、瀬尾、大城/捕手:山田/二塁打:長崎2、福本、林
新チームとなり初の公式戦を迎えた。
1回表、2死から走者を許すも無失点。先発大塚が落ち着いた立ち上がり。
2回裏、先頭の5番長崎が一塁線を破るツーベースで出塁。送りバントから1死3塁と先制のチャンスを迎えるもスクイズ失敗などにより無得点。
3回裏、1死から1番福本がツーベース、2番林が死球でつなぎ、3番清水がレフト前ヒットを放ち1死満塁としたが、後続が抑えられ無得点。
4回表、先頭打者にツーベースを打たれ、そこから3本のタイムリーヒットにて3失点。
4回裏、先頭エラーにて出塁するも、送りバント失敗があり無得点。
5回表、大塚が踏ん張り、1死2.3塁のピンチを切り抜ける。
5回裏、2死から2番林がツーベース、3番清水四球、2死1.2塁から4番山田がライトへタイムリーヒット。
6回表、この回から二番手瀬尾がマウンドへ上り、2死満塁のピンチを切り抜ける。
7回裏、2死から3番清水がヒットで出塁、2死2塁とするも後続が凡退。
8回表、2死から内野安打を許し、タイムリースリーベースを打たれる。
8回裏、先頭の5番長崎がこの日2本目となるツーベースにて出塁するも後続が抑えられる。
序盤のチャンスを活かすことができず、昨年に続く初戦敗退となった。