試合結果


平成25年度

平成25年(2013年)7月12日(金)
選手権東東京大会 第2回戦 神宮第二球場

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
東海大高輪台 2 0 3 2 0 1 1     9
学習院 1 0 0 0 0 0 0     1

試合詳細

投手:市原、妹尾/捕手:松田
1回表、先発はエース市原。初回、先頭打者にフルカウントから四球、2番に送りバントを決められ1死2塁。警戒している3番の好打者は厳しいコースをついて攻めるも四球で1死1・2塁。ここで4番にセンター前ヒットを打たれ先制を許す。続く5番にもセンター前ヒットを打たれ1死満塁とピンチが続く。6番をショートフライに打ち取り2死満塁。7番のサードゴロ、3塁封殺を狙うもフィルダースチョイスとなり1点を追加される。なお2死満塁であったが8番はショートゴロに打ち取る。
1回裏、先頭の1番盛野が、相手エースのファーストストライクをたたき、センター前ヒットで出塁する。2番森が送りバントを決めて1死2塁。3番市原はショートゴロとなったが、相手の悪送球があり1死2・3塁とチャンスを広げる。続く4番松田のセカンドゴロの間に盛野が生還し1点を返す。なお2死1・3塁であったが、5番塩原はファーストゴロに倒れる。
2回表、1死から1番の当たりをショート大場が止めきれず出塁を許す。2番ショートゴロ、2塁封殺で2死1塁。3番エンドラン、ライト前ヒットを打たれ2死1・3塁。追加点を許したくない場面、4番のセンターへの飛球を深めに守っていたセンター塩原がスライディングキャッチしピンチを切り抜ける。
2回裏、先頭の6番東井が初回の盛野に続きファーストストライクをたたきレフト前ヒットで出塁。7番清水が送りバントを決めて1死2塁。8番大場のセフティバントは投手前に転がり東井は進塁できず2死2塁。9番鷺は三振に倒れる。
3回表、5番レフトフライ、6番ショートライナー、簡単に2死を取れたが7番を死球で出塁させてしまう。8番レフト前ヒットで2死1・2塁。ここから9番にレフト前ヒット、1番にセンター前ヒットと連続してタイムリーを浴びる。続く2番もサード内野安打となり2死満塁。3番の打席間にワイルドピッチがあり1点を追加される。なお2死2・3塁と苦しい場面であったが、3番の痛烈なライナーをファースト東井がジャンピングキャッチのファインプレー。(このプレー後のベンチで出迎える写真が新聞に掲載された)
3回裏、1番からの好打順、2順目であったが、相手バッテリーの配球が変化球中心に切り替わり1番盛野が三振、2番森がファーストゴロ、3番市原が三振に倒れる。
4回表、先頭の4番にレフト前ヒットを打たれ、5番のセフティバントが内野安打となり無死1・2塁。6番送りバントで1死2・3塁。7番にレフト前タイムリーヒットを打たれ2失点。8番ショートゴロ2塁封殺、2死1塁からの盗塁を捕手松田が2塁へ好送球しタッチアウト。
4回裏、先頭の4番松田がセンター前ヒットで出塁。5番塩原エンドランを仕掛けるもショートゴロで1死2塁。7番東井のレフトライナーで2塁走者松田が戻りきれずダブルプレーとなりチャンスを逃す。
5回表、先頭のキャッチャーフライ、バックネット際フェンスにぶつかりながら捕手松田が好捕するファインプレー。1番のサードゴロを森が止めきれず出塁を許したが、2番ショートゴロ、3番レフトフライ、市原が踏ん張り後続を抑えた。
5回裏、7番清水三振、8番大場サードフライ、9番鷺ショートライナーで三者凡退。
6回表、先頭の4番にこの日3安打目となるセンター前ヒットを打たれる。続く5番に右中間を破られ無死2・3塁。ここで投手交代、妹尾がマウンドに上がり、市原はショートへ、ショートの大場がセカンドに回る。ピンチを凌ぎたかったが、1塁塁審にボークを宣告され追加点を許す。なお無死3塁であったが、6番サードフライ、7番ショートゴロ、本塁を狙った走者を市原が好送球し本塁タッチアウト。2死1塁、8番のライト線へのライナー抜ければ長打となる打球を清水が好捕し追加点を許さず。
6回裏、先頭の1番盛野が四球で出塁。2番森のセフティバントは投手前に転がってしまい2塁封殺。3番市原ショートゴロで2死2塁。反撃したい場面であったが、4番松田は見逃し三振に倒れる。
7回表、先頭9番のセカンドゴロをエラー、2塁まで進塁を許す。1番送りバントで1死3塁、2番ライト犠牲フライで1点を追加される。
7回裏、5番塩原、6番東井と連続三振に倒れる。7番清水は四球で出塁し、ここで前田を代打に送る。前田はファールで粘り振り逃げで繋ぎ2死1・2塁とチャンスを広げる。9番妹尾もファールで粘ったが最後はライトフライに打ち取られゲームセット。7回コールド負けとなった。
【総括】6月15日の抽選会で昨春東京都大会準優勝校、昨年のバッテリーが残る強豪校との対戦が決まってから約1ヵ月、最後の夏に勝つという目標に向かいチーム一丸となって準備を進めた。140キロにマシンを設定し朝練から日暮れまで打ち込み、大学野球部の主力打者にフリーバッティングを打ってもらい強打者の打球に備えた。仮想東海大高輪台として東京学館浦安に急きょ練習試合を組んでもらうも、人工芝の打球に慣れずエラーから失点を重ね思うようなゲームを展開することができない。スピードボールへの対応に苦心するあまりバッティングフォームを崩す者もいた。強豪校と対戦する重圧、不安と焦り、弱気にならないようひたすらに練習を積み重ねるしかない、3年生それぞれが自分と向き合いながら必死に心を整えて迎えた夏の本番であった。
初回から勢いに乗りたいところであったが、相手も初戦でありコンパクトに仕上げてきていた。粗いバッティングの隙をついてロースコア展開に持ち込みたいところであったが、低く強いゴロでタイムリーを重ねられてしまう。相手の仕上がりが一枚上手であった。それでも3年生12人は自分たちのベストプレーを信じ、決して下を向くことなく堂々と戦いきってくれた。打者は強気に踏み込み、思い切りバットを振り抜くスタイルを貫き、ベンチと守っている野手が一体となって声を出し続けていた。最後まで諦めないベンチの雰囲気、チーム一丸となるその姿勢は学習院野球部が代々継承してきたものであり、主将松田を中心に最後の試合で最高のゲームを展開してくれた。
3年生、お疲れ様、ナイスゲームでした。笑顔、勇気、3年パワー、積み上げた3年間は揺るぎない自信となり、強豪校に強気で立ち向かえることを君たちは教えてくれました。いつか近い将来、君たちと同じように強豪校と対戦する後輩たちが現れたら、グランドに顔を出し、この夏の経験を多いに語ってもらいたい。弱気になっている後輩を見つけたら、大丈夫、お前たちなら絶対できると勇気づけてあげて欲しい。君たちの今夏の経験を学習院高等科野球部の財産にしていきます。


平成25年度

平成25年(2013年)6月1日(土)
附属戦 学習院G

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
筑波大付 0 0 4 1 0 0 0 2 0 7
学習院 0 2 0 0 3 0 0 0 0 5

試合詳細

投手:妹尾、前田、市原/捕手:松田
1回表、先発は妹尾。相手1番打者にライト前ヒットを打たれたが、2番三振ゲッツー、3番センターフライと3者凡退に抑え落ち着いた立ち上がり。
1回裏、2番森、3番松田がセンター方向へ良い当たりを放つも、相手センターの好守備により3者凡退。
2回表、先頭の相手4番を三振、5番ピッチャーゴロ、6番四球を与えるも、7番を三振に打ち取り、先発の妹尾が良いリズムを作る。
2回裏、先頭の4番塩原が四球で出塁。5番市原の送りバントが相手エラーとなり無死1・2塁。6番東井が送りバントを決めて1死2・3塁。ここで7番清水がレフト前ヒットを放ち1点先制。更に8番大場もレフト前ヒットで続きこの回2得点。
3回表、1死からサードエラー、四球、サード内野安打で1死満塁。3番打者はサードゴロに打ち取りホームフォースアウト。2死満塁としたが、4番、5番と連続四球押し出しで同点となる。更に6番打者にセンター前タイムリーヒットを打たれ逆転を許す。ここで投手を前田に交代。2死2・3塁であったが、7番打者を三振に打ち取りピンチを切り抜けた。
4回表、1死からサードゴロの送球をファーストが捕球できず出塁を許す。1番、2番に連続ヒットを許し1死満塁。3番打者はファーストフライに打ち取ったが、続く4番打者に四球を与え押し出し、追加点を許す。
5回表、先頭打者に四球を与え、牽制悪送球で無死2塁となったが、前田が後続をキャッチャーフライ、ショートゴロ、三振に打ち取りピンチを凌いだ。
5回裏、先頭の代打鷺がセンター前ヒットで出塁。1番盛野が送りバントを決める。続く2番森がライト前タイムリーヒットを放ち1点を返す。3番松田もレフト前ヒットで続き1死1・2塁。4番塩原のサードゴロの間にそれぞれ走者が進塁し2死2・3塁。ここで5番市原がショート内野安打を放ち2者が生還し同点とする。
6回表、この回から市原がマウンドへ。先頭のレフト後方の当たりを盛野がランニングキャッチの好プレー。公式戦で初めてショートを守った大場も2つのゴロを軽快にさばき3者凡退に抑える。
7回表、先頭の相手4番打者に1塁線を破るツーベースヒットを打たれる。三盗も決められ無死3塁のピンチとなったが、後続をピッチャーゴロ、サードゴロに抑え2死3塁。ここから連続四球で2死満塁になるも、9番打者をキャッチャーフライに打ち取り市原がピンチを切り抜ける。
7回裏、先頭の2番森がライト前ヒットで出塁。牽制悪送球で無死2塁。3番松田は敬遠され、この打席間に暴投もあり無死1・3塁のチャンスを迎える。続く4番塩原はサードゴロで1死2・3塁。5番市原のショートゴロで3塁走者の森がホームを狙うも相手捕手の好ブロックによりタッチアウト。更に2死1・3塁とチャンスは続いたが6番東井はキャッチャーフライに打ち取られ勝ち越すことができず。
8回表、先頭の1番に四球を与え、続く2番が送りバント。1死2塁となり、3番打者は三振に打ち取るも、4番に勝ち越しのツーベースヒットを打たれる。更に5番にも連続タイムリーヒットを打たれ2点を勝ち越される。
8回、9回と相手エースに抑えられ5対7のままゲームセット。8回に勝ち越しタイムリーを放った相手4番打者芹澤君の気迫は見事であった。2本のツーベース、3打点の芹澤君がMVPに選出された。


平成25年度

平成25年(2013年)3月24日(日)
春季大会地区予選 代表決定戦 堀越高校G

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
穎明館 0 3 3 4 1 0 0     11
学習院 0 0 0 2 0 1 0     3

試合詳細

投手:前田、妹尾、市原/捕手:松田/二塁打:市原
1回表、相手1番をショート内野安打で出塁させ、連続スチールを決められ無死3塁。2番ショートライナー、3塁走者が飛び出しゲッツー。先発の前田がピンチを切り抜ける。
1回裏、この日1番に抜擢した盛野が期待に応えセンター前ヒットで出塁。2番森が送りバントを決め1死2塁とするも、3番松田、4番塩原が連続三振。
2回表、先頭4番を四球で出塁させ、送りバントで1死2塁、ワイルドピッチで1死3塁、6番四球、盗塁を決められ1死2・3塁。相手スクイズを外しきれずファールとされるが、7番を三振に打ち取り2死2・3塁。8番にライト前タイムリーを打たれ先制される。なお2死1・3塁から9番に3塁線を破られ、エンドランでスタートを切っていた1塁走者も生還させてしまい、この回3失点。
2回裏、1死から6番市原がセンター前ヒットで出塁。7番東井が送りバントでつなぎ2死2塁。ここで8番前田がライト前ヒットを放ち、2塁から市原がホームを狙うも相手ライトの好返球で本塁タッチアウト。
3回表、先頭から連続四球で無死1・2塁のピンチを招く。ここで妹尾に投手交代。1塁ピックオフプレーでミスが出て無死1・3塁に。スチールを決められ無死2・3塁。4番はショートゴロに打ち取るも5番にレフト前ヒット、6番にレフトオーバーツーベースを打たれ3失点。
3回裏、9番鷺がセカンドエラーで出塁。1番盛野がライト前ヒットでつなぎ無死1・2塁とチャンスを広げる。ここで相手2塁牽制に帰塁できず走者タッチアウト。チャンスをつぶし無得点。
4回表、先頭9番ライト前ヒット、1番サードエラーで無死1・2塁。2番のバントは小フライになり1死1・2塁。ここから3番、4番、5番に連続タイムリーを打たれ4失点。
4回裏、先頭の4番塩原が四球で出塁。1死後、6番市原が3塁線を破るツーベースを放ち1死2・3塁。2死となるも8番妹尾がセンター前ヒットを放ち2点を返す。
5回表、この回から市原がマウンドへ。先頭8番を四球で出塁させ、1死2塁から1番にレフト前ヒットを打たれ1失点。
6回裏、先頭の4番塩原から3連続四球で無死満塁のチャンスとなったが、7番東井のセカンドゴロの間に1点を返すのみで後続は抑えられた。
7回裏、1死から2番森が四球で出塁するも、3番松田、4番塩原が連続三振に打ち取られゲームセット。7回コールド負けとなった。
守備、走塁、バントなど細かいプレーの精度を高めることが夏の大会までの課題。残り4か月、一つ一つのプレーを徹底的に磨き上げていくことにしたい。

  • 高校野球ドットコムというサイトに本試合の記事が掲載されています。
    http://www.hb-nippon.com/tokyo/report/994-hb-tokyo-game2013/9998-20130324003

  • 平成25年度

    平成25年(2013年)3月20日(水)
    春季大会地区予選 第2回戦 堀越高校G

    チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
    学習院 2 0 0 0 2 0 0 3 0 7
    都多摩工 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2

    試合詳細

    投手:大場、妹尾/捕手:松田/三塁打:清水、松田/二塁打:妹尾
    1回表、1番市原が四球で出塁。2番森が送りバント、3番松田が四球、その後2死1・2塁から5番清水がレフトオーバースリーベースを放ち2点先制。
    1回裏、相手1番打者をセカンドゴロ、2番ショートライナー、3番レフトフライ、先発の大場が3者凡退に抑え上々の立ち上がり。
    2回表、先頭の7番盛野がレフト前ヒット、相手エラーの間に2塁まで進んだが、後続が抑えられ無得点。
    3回表、先頭の3番松田が四球で出塁、4番塩原が送りバントを決め1死2塁とするも後続が抑えられ無得点。
    3回裏、先頭の9番打者を四球で出塁させ、送りバントで1死2塁。ここで2塁牽制悪送球となり1死3塁。2番打者のセカンドゴロの間に1失点。
    4回裏、2死から8番打者に四球。その後3連続四死球で押し出しとなり同点。
    5回表、1死から2番森が相手エラーで出塁。ここで3番松田が3塁線を破るタイムリースリーベースを放ち1点勝ち越し。更に相手ワイルドピッチの間に1点追加。
    5回裏、先頭の4番打者を死球で出塁させ1死1・2塁のピンチを招いたが、大場が踏ん張り得点を許さず。
    6回表、1死から7番盛野がセンター前ヒットで出塁したが無得点。
    6回裏、この回から妹尾がマウンドへ。2死からレフト前ヒット、四球でピンチを招くが後続を抑える。
    8回表、先頭の4番塩原がレフト前ヒットで出塁。5番清水が四球でつなぎ、6番東井送りバントで1死2・3塁。ここで今日2安打と当たっている7番盛野がライトへ犠牲フライを放ち1点追加。更に2死3塁から8番妹尾がレフトオーバーのツーベースを放ち6対2。9番鷺のショートゴロが相手エラーを誘い2塁から妹尾が生還し7対2。
    9回裏、7回以降、妹尾が相手打線を3イニング続けて3者凡退に打ち取る好投をみせゲームセット。


    平成25年度

    平成25年(2013年)3月17日(日)
    春季大会地区予選 第1回戦 堀越高校G

    チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
    学習院 2 0 1 0 3 5 0 0 5 16
    国際基督教大 0 0 2 4 4 0 0 0 2 12

    試合詳細

    投手:前田、妹尾/捕手:松田/三塁打:妹尾、松田/二塁打:森、塩原
    1回表、1死から2番森がレフトオーバーツーベースで出塁。ワイルドピッチ、3番松田が四球でつなぎ1死1・3塁から4番塩原がセンターへ犠牲フライを放ち1点先制。5番清水も四球で出塁し、6番東井がセンター前タイムリーヒットを放ち初回に2点を先制した。
    1回裏、先発の前田が1死から四球、ライト前ヒットなどで2死2・3塁となったが、5番を1塁ゴロに打ち取り初回を0点に抑えた。
    3回表、先頭の3番松田が四球で出塁、4番塩原の送りバントを相手が悪送球し無死2・3塁。5番清水は三振になったが、6番東井が2打席連続のタイムリーヒットを放ち1点追加。
    3回裏、先頭の9番打者にライト前ヒットを打たれ、1死から3ゴロエラー、ライト前ヒットで1死満塁。ここで相手4番打者にレフト前タイムリーヒットを打たれ2失点。
    4回裏、先頭の7番打者にライト線へツーベースを打たれる。送りバント、死球で1死1・3塁。1番ショート内野安打で同点にされる。1死1・2塁からセフティバントを決められ満塁に。3番打者をピッチャーゴロに打ち取るもホームゲッツーを取り切れず2死満塁。4番死球押し出しで逆転され、更にタイムリーヒットを打たれ、この回4失点。
    5回表、2死から4番塩原が四球で出塁。5番清水がレフト前ヒットで続き、6番東井のライト前ヒットで1点。7番盛野も内野安打でつなぎ満塁。8番前田が四球を選び押し出し、9番鷺の打席でワイルドピッチがあり6対6同点となった。
    5回裏、先頭の7番打者にライトスタンドへホームランを打たれる。その後2死としたが、レフト前ヒット、四球、ライト前ヒット、左中間へタイムリースリーベースを打たれ6対10。ここで妹尾に投手交代。妹尾は落ち着いて後続を抑えた。
    6回表、1死から2番森、3番松田が連続四球で出塁し、その後重盗を決める。1死2・3塁から塩原がレフトへタイムリーヒットを放ち7対10。更にワイルドピッチで8対10。1死3塁から5番清水のショートゴロの間に塩原が生還し9対10。6番東井が四球で出塁し、7番盛野がエンドランを決め相手センターが打球処理をもたつく間に東井が1塁から一気に生還し10対10同点。ここで8番妹尾がレフトオーバースリーベースを放ち11対10逆転。
    6回、7回、8回と妹尾が好投し無得点に抑える。
    9回表、先頭の8番妹尾が四球で出塁、9番鷺が死球でつなぎ、1番市原送りバント、1死2・3塁から相手エラーで追加点を奪い、なお1死1・3塁から3番松田がセンターオーバースリーベース、4番塩原ツーベース、5番清水レフト前ヒット、3連打でこの回一気に5得点。
    9回裏、先頭の9番打者を内野安打で出塁させ、その後2つのエラーが絡み2失点。最後は妹尾が踏ん張りゲームセット。


    平成25年度

    平成24年(2012年)9月8日(土)
    秋季大会地区予選 第1回戦 成蹊高校G

    チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
    学習院 0 0 2 0 0 0 0     2
    都江戸川 0 0 2 2 0 0     9

    試合詳細

    投手:大場、妹尾、市原/捕手:松田/二塁打:松田
    1回表、2死から3番市原がレフト前ヒットで出塁。続く4番松田がレフト線にツーベースを放ち2死2・3塁。その後2死満塁としたが先制ならず。
    1回裏、先発の大場が2死から3番打者にライト前ヒットを打たれるが、4番打者をショートゴロに打ち取り上々の立ち上がりを見せる。
    2回裏、先頭打者を5ゴロ悪送球で出塁させ無死2塁。送りバントにより1死3塁となるが、大場が踏ん張り、ショートゴロ、サードゴロでピンチを切り抜ける。
    3回表、1死から2番鷺がライト前ヒットで出塁。3番市原がセンター前ヒット、4番松田もセンター前ヒットで続き1死満塁。5番塩原の死球により1点先制。更に6番清水がレフト前にタイムリーヒットを放ち2点目。3点目を狙った2塁走者の松田は本塁タッチアウト。2点を先制した。
    3回裏、先頭の9番打者にレフト前ヒットを打たれ、続く1番打者にセンターオーバーのスリーベースを打たれ1失点。1死3塁から3番打者にライト前ヒットを打たれ同点とされる。
    4回表、相手投手が交代。1死から9番大場が四球で出塁後、盗塁を決めて1死2塁とするも無得点。
    4回裏、先頭の5番打者にレフト前ヒットを打たれ、送りバント後、1死2塁から7番打者に左中間へタイムリーヒットを打たれ勝ち越しを許す。更に連続ヒットを打たれ1死満塁。ここで2番手妹尾がマウンドへ登る。1番打者にライトへ犠牲フライを打たれ4点目を奪われたが後続を抑えた。
    5回表、1死から4番松田が死球で出塁するも無得点。
    5回裏、妹尾が好投し、相手3番から始まる攻撃を3者凡退に抑える。
    6回表、1死から8番篠崎が相手エラーにより出塁するも無得点。
    6回裏、3番手として市原がマウンドへ。2つの内野ゴロをショート森が上手く処理するなどして3者凡退に抑える。
    7回裏、先頭の9番打者を内野エラーで出塁させ、1番打者にライト線へタイムリースリーベースを打たれる。3番打者にもライト前へタイムリーヒットを打たれ、その後ワイルドピッチや内野エラーが続き、5番打者に右中間へ2点タイムリースリーベースを打たれる。最後は1死3塁からスクイズを決められコールド負けとなった。